ヘルペス治療にバルトレックス

バルトレックスはヘルペスに大変効果のある医薬品です。性病にかかると、なかなか人には言いづらいので、性行為があった時には細菌をうつしてしまうので、病院か個人輸入サイトで検索して早めに治療を開始しましょう。

バルトレックスで早期治療

バルトレックスはグラクソスミスクライン社製造のヘルペス治療薬で、単純疱疹(口唇ヘルペスや性器ヘルペス)、帯状疱疹、幼児がかかりやすい水ぼうそうや性器ヘルペスの再発抑制に効果があります。水ぼうそうやヘルペスなどの原因はウィルスで、ウィルスが増殖することによって症状が悪化します。このウィルスに対してバルトレックスの塩酸バラシクロビルという成分が抗ウィルス剤になって疱疹を起こしている細胞内のウィルスに取り込まれることでウィルスのDNA情報が複製されるのを妨害してウィルスの増殖を阻止します。そのためウィルスの少ないうちにできるだけ早く服用することが重要で、症状がでてから5日以上経ってしまうとをウィルスがすでに増殖してしまっているので軽減するにも時間がかかることになります。服用してからすぐに効果の現われる場合や3日ほどしてから効いてくる場合もあります。1週間しても効き目がない時には病院に行く必要があります。
バルトレックスはヘルペスなどが現われてから72時間以内に、口唇ヘルペスなどの単純疱疹の場合には成人で1日に朝・夜1錠(500mg)を、帯状疱疹の場合は1回2錠(1000mg)を3回朝・昼・夜の食後に服用します。しっかり飲む量を守って皮膚の炎症が治まり、かさぶたになるまで飲むことが大切です。
性器ヘルペスの再発抑制の場合は1日1回1錠を服用します。この場合バルトレックスはヘルペスを完治させる薬というよりヘルペスの初期症状が現われたり痒みが出たりして発症しそうになった早い段階で服用することで再発を抑えるというものです。服用期間は8週間から長い場合で1年継続して飲む必要があります。継続して飲むことで体内のウィルスを減らしていくことができます。
バルトレックスの入手法には主に病院による処方と通販サイトから購入するのがあります。
病院だと専門の医師による適切な診断がしてくれます。ヘルペスの症状は部位によって異なり服用方法も若干異なるので医師に相談したほうが安全でしょう。また、ヘルペスの症状が現れたら皮膚科に行くといいでしょう。
一方、バルトレックスの購入には通販サイトを利用する方法があります。病院と異なり診察料や処方せん料など一切かからないので安く手に入れることができます。ヘルペスは再発率が高いので再発の度に病院に処方する必要があるので経済的負担が大きいので安く手に入る通販がお得です。

■ヘルペス治療薬をお探しの方はこちらへ
ゾビラックスで性病を治す
■カンジダ症治療薬の種類が豊富な通販サイト
カンジダ症を治そう